toggle
2017-02-23

論文


ORCID iD iconorcid.org/0000-0003-0061-6158

2016年以前(鹿児島大以前)も含む菅野の業績は こちら

原著論文 *記載順はPubMedママ、検索はこちら PubMed

1. Kouta Kanno*, Takefumi Kikusui.
Effect of Sociosexual Experience and Aging on Number of Courtship Ultrasonic Vocalizations in Male Mice.
Zoological Science. 35(3), 208-214 (2018). *Corresponding author

 

総説

1. 菅野康太
「生物学的視点から見る絆形成の行動科学・心理学 ―動物,ロボット,想像上の他者― 」
行動科学 vol. 57 (1), 41-45 (2018).

 

論文(査読無)

1. 菅野康太
マウス音声コミュニケーションにおける多様性と個体差の生物学的意義
Biological significance of variation and individual difference observed in vocal communication in mice
鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集 85号P15-27)2018年2月28日

 

関連記事